FC2ブログ
ほそぼそと。たんたんと。
第6話。「愛するチーちゃんへ」
今回は白川親子のお話をメインに。
施設に入ったお母さんが待ち望んでいた父からの手紙を
ようやく白川さんがぽっぽちゃんに代書を頼むお話。

もしかしたら、白川さんは仙台に頼みたかったかもしれないけど。
たくさんたくさんお世話になっていたので…。
先代だったら、どんなお手紙を書くかしら?とふと思ってみたり…

ぽっぼちゃんも煮詰まってしまって…。

そんな時、バーバラ婦人が
「煮詰まった鍋を眺めていても、余計に煮詰まっていくだけよ」と散策のお誘い。
最初は断るぽっぽちゃんですが、
男爵とバーバラ婦人とパンティさんとお散歩に出かけます。

おかげでとても素敵なラブレターを書くことができて。
パンティさんの押し花を蝋で固めて縁取られた花の宝石箱でした。

白川さんのお母さんも喜んでいました。

親戚の大伯母も旦那さんがなくなってひとりになって、
最近、施設に入ったのですが、
すごい元気で豪快な人なので不思議だったのですが。
娘さんがだまし討ちみたいな形で無理やり連れて行ったみたいで…。
親戚一同に何の連絡もなくて…。
落ち着いてから両親のとこにあいさつに来て、
最初、わたしが玄関で応対したのですが、
「血も涙もない娘です」と言って来た時にはめんくらいました\(◎o◎)/!
そう言って話してて…
やっぱり少しずつ、徘徊が増えたり、ひとりにしておけなかったりしたそうで…。
その家に入らないとわからないこともあるんだなぁと…。

なので、今回の白川さんのお話には、胸にぐっとくるものがありました。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
COUNTER

あなたは

の大事なお客様です。

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

●なにかありましたらこちらからどうぞ。

CALENDER

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PROFILE

たまき

Author:たまき
チロル日和
お料理日記

旧ブログ(~2/28迄)

SEARCH


読みたい記事などありましたら
こちらから探せます。

DOG & CAT


パピヨン・てん(♂)13歳。
H16.7/19生まれ
1歳を過ぎた頃から、
毎日、癲癇のお薬が、
欠かせません。
心臓弁膜症、肺水腫、気管支炎、
腎臓・尿道結石、膀胱炎
小さな身体でたくさんの病気と闘いました。 H30.3/24 am2:00頃永眠。

アメショ・リュー(♂)18歳
H6.2/23(たぶん)生まれ
我が家に来たとき、
5ヵ月だったので(^^ゞ逆算。
病院嫌い。ごはん命。
普段は温厚なおやじ猫。
いざとなると尖ったナイフ。
H23.10/04 pm14:30永眠。


我が家でいちばん若い
甲斐mix・ダイチ(♂)13歳。
H17.11/26生まれ
足を見てこの子は大きくなると
わかった子。
とっても暴れん坊
で、食いしん坊
H31.01/07 am5:00永眠。

COMMENTS
CATEGORIES
ENTRIES
ARCIVES