FC2ブログ
ほそぼそと。たんたんと。
第四話 「最後のラブレター」
今回の代筆依頼者は、園田さん。
手紙の相手は元カノ・桜さんでした。

園田さんには家庭もあって、桜さんも結婚をしている。
ただ自分は元気でいると伝えたい。だからあなたも笑顔でいてほしい。と伝えてほしいと。
ぽっぽちゃんに代書を頼みに来ました。

パンティさんは、浮気の片棒?と訝し気。
でも園田さんはそういう感じじゃないといいます。

園田さんと桜さんは幼馴染みで恋人で。
結婚の約束はしていたけど、結局結婚まで至らなかった人。
命にかかわる病気ではないけれど、入院をすることになり、
過去を振り返ったら、いつも傍にいた桜がよぎったらしいのです。

今回の手紙は女性の字で。
ガラスペンで、インクはセピア色。
確認はいらない、そのまま投函してくださいとのこと。

文面の中で「僕」を「私」に変えた方がよかったのでは?
と指摘している人がいましたが。わたしは「僕」でよかったと思いました。
園田さんはずっと「僕」と言っていたから…。
変に「私」に変えるより…。
だって、園田さんが桜さんの前で女性でいる必要はないのだから。
それこそ桜さんに怪しまれると思うけど…。

もう会う気もないと言ってるわけだし…。

投函してしばらくして、書留で代金が届きます。
少しもらい過ぎで電話を入れると、園田さんの死を知ってしまうぽっぽちゃん。
いてもたってもいられず思わず桜さんに会いに行ってしまって…。

でも伝えることはできませんでした。
多分、いつかわかってしまうことでも。
風の噂でもなんでも耳に入ってしまうことでも。
それを伝えるのは今でもなければ、
ぽっぽちゃんの口からでもないことはわかっていたのに。

桜さんの姿を見るまではぽっぽちゃんの心が悲しみで支配されていたんだと思うんだよね

思い直して園田さんの死を伝えることはなかったけど。
園田さんの思いを無にしてしまう所だったと落ち込むぽっぽちゃんに、
バーバラ婦人がおまじないを教えてくれました。

とても素敵なおまじないで。
ぽっぽちゃんの真っ暗で悲しい心に灯がともったようでした。

はーたんの質問の答えにちゃんとこたえようとするぽっぽちゃん。

「なんで辛いものも酸っぱいものも苦いものも平気なの?
大人だから?」

答えは、「おとなもからかったり
にがかったり、
すっぱかったりします。
ちょっとだけ
”なれた”だけです。」と…。

少し慣れただけ…。
悲しい別れも。突然の別れも。
永遠のサヨナラも。
少しずつ慣れていくのかな。

今回も素敵なお話でした。
そして切なくて泣きました(´;ω;`)ウゥゥ
ジョイントタイルマットを敷く。
ここ最近、食欲が落ちて、急激に体力も落ち、足も弱くなってしまったてんちゃん。

フローリングはやっぱり足腰の負担になりそうだったので。
それとこげこちゃん一家もここで遊ぶので爪で傷だらけなので、
隠すのと爪予防に…。
GW中、どこも出掛けない代わりと言っちゃあれだけど。



こちらのタイルマットを大量購入し、1日かかりで敷き詰めました。
足りない部分はまた来月買います。
とりあえずこれで補う。



てんちゃんなんて敷いてる最中にソソしたからなー(笑)
撥水めっちゃ行き届いててよかったです(*´▽`*)
COUNTER

あなたは

の大事なお客様です。

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

●なにかありましたらこちらからどうぞ。

CALENDER

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PROFILE

たまき

Author:たまき
チロル日和
お料理日記

旧ブログ(~2/28迄)

SEARCH


読みたい記事などありましたら
こちらから探せます。

DOG & CAT


パピヨン・てん(♂)13歳。
H16.7/19生まれ
1歳を過ぎた頃から、
毎日、癲癇のお薬が、
欠かせません。
心臓弁膜症、肺水腫、気管支炎、
腎臓・尿道結石、膀胱炎
小さな身体でたくさんの病気と闘いました。 H30.3/24 am2:00頃永眠。

アメショ・リュー(♂)18歳
H6.2/23(たぶん)生まれ
我が家に来たとき、
5ヵ月だったので(^^ゞ逆算。
病院嫌い。ごはん命。
普段は温厚なおやじ猫。
いざとなると尖ったナイフ。
H23.10/04 pm14:30永眠。


我が家でいちばん若い
甲斐mix・ダイチ(♂)13歳。
H17.11/26生まれ
足を見てこの子は大きくなると
わかった子。
とっても暴れん坊
で、食いしん坊
H31.01/07 am5:00永眠。

COMMENTS
CATEGORIES
ENTRIES
ARCIVES